NEWS

ずん飯尾和樹がバイトしていたスケート場はどこ?

こんにちは。

スケートは全く滑ることができない筆者です。

何回かスケートに行ったことがあるのですが、生まれたての小鹿状態でしたね。

1時間くらい経ってくるとようやく多少滑れるようになるのですが、そんなに頻繁に行くわけではないので次スケートをしに行った時にはまたゼロからスタートなんですよね。

最初から上手くできるような運動のセンスが欲しいものです。

ということで今回は、ずん飯尾和樹さんがバイトしていたスケート場について調べてみました。

スポンサーリンク

ずんとは?

ずんとは、浅井企画事務所のお笑いコンビの名前です。

メンバーには、「やす」と「飯尾和樹」がいます。

2000年に結成され、同期にはキャイ~ンやナインティナインやくりぃむしちゅーなどがいて、お笑い第四世代と呼ばれるコンビです。

飯尾和樹とは?

飯尾和樹とは、終わりコンビ「ずん」のボケ担当の方です。

飯尾和樹のブロフィール

  • 名前:飯尾和樹(いいおかずき)
  • 生年月日:1968年12月22日
  • 出身地:東京都世田谷区
  • 血液型:O型
  • 身長:173cm
  • 最終学歴:東京学園高等学校
  • コンビ名:ずん
  • 相方:やす
  • 芸風:ボケ、一発ギャグ、コント
  • 立ち位置:左
  • 事務所:浅井企画
  • 活動時期:1991年
  • 過去の代表番組 笑っていいとも!
    内村プロデュース

『とんねるずのみなさんのおかげでした』のドッキリ企画でプロポーズしたことも話題となっていたことがありますよね。

めちゃくちゃロマンチックですよ!

羨ましいですね。

私もそういう経験をしてみたいものです。

ずん飯尾和樹が大学生に介抱されていた

お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さんは、売れるまで多くの先輩に酒席で励まされてきたという。

若い頃は潰れてホッケー部の寮で介抱されたこともあり……。

【ずん飯尾和樹】

飲みに出かけたり家でハイボールを作ったり、酒は好きですね。

飲み始めた頃はカルピスサワーとか飲みやすいお酒から入り、その後はウイスキーをコーラで割ったりして。

今は芋焼酎。レモンサワーやハイボールなどで飲んでますかね。

酒での失敗は芸人になる前、スケート場でバイトしていた時。

大学のホッケー部の選手が練習してまして、僕は部員にかわいがってもらっていたんですよ。

ある夜、国士館大の人と三軒茶屋の居酒屋で飲んでいたら、みんな飲み方が豪快なんです。

つられて飲んでると、僕だけ酔っぱらって足にきてしまって立てなくなり、同じ世田谷にある国士舘大の寮まで連れていかれちゃいました。

飯尾和樹さんの人柄の良さが窺えるエピソードですよね。

お酒は弱いみたいですけど、周りにきちんと合わせていたんだろうなと感じられます。

それにきちんと介抱してくれた方が居るというのも慕われている証拠ですよね。

下手したら酔い潰れても放置されるとかもありますからね。

飯尾和樹さんは本当にいい人なんだと思います。

それよりもこのエピソードを聞いて驚いたのが、飯尾和樹さんがスケート場でバイトしていたことです。

どこのスケート場でバイトをしていたのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

ずん飯尾和樹がバイトしていたスケート場はどこ?

ずん飯尾和樹さんがバイトをしていたスケート場がどこなのか調べてみたのですが、詳細はありませんでした。

しかし、国士館大のホッケー部と仲が良いというエピソードがありましたよね。

ということは、国士館大のホッケー部が練習しているスケート場が可能性としては高いです。

その国士館大のホッケー部が練習に使っているスケート場は主にこちらです。

明治神宮アイススケート場

東伏見アイスアリーナ

銀河アイススケートリンク

なので、このスケート場のどこかで飯尾和樹さんがアルバイトとして働いていた可能性が高そうな気がします。

ずん飯尾和樹がバイトしていたスケート場はどこ?まとめ

ポイント

飯尾和樹さんがバイトしていたスケート場の詳細はどこにも情報がない

飯尾和樹さんが国士館大のホッケー部と仲が良かったというエピソードから国士館大のホッケー部が練習に使うスケート場の可能性が高い

予想としては、明治神宮アイススケート場、東伏見アイスアリーナ、銀河アイススケートリンクのどこか

以上、ずん飯尾和樹がバイトしていたスケート場はどこ?についてまとめてみました。

スケート場のアルバイトからお笑い芸人として超人気者になっているというのも夢のある物語ですよね。

これからも飯尾和樹さんが活躍すると嬉しいですね。

スポンサーリンク

-NEWS
-, , ,

Copyright© 華夢華夢(カムカム)情報館 , 2020 All Rights Reserved.