NEWS

桑子真帆アナウンサーの学歴の中に変わった学校がある!?

桑子真帆アナウンサーの情報を調べていたら、学歴の中で中学校・高校がちょっと変わった面白い学校でした。

そんな学歴と合わせて、プロフィールやアナウンサー時代についても調べたので紹介します。

スポンサーリンク

桑子真帆アナウンサーの学歴など簡単なプロフィールを紹介

氏名 桑子真帆(くわこまほ)

愛称 まほりん・くわこおねえさん・くわまほ

生年月日 1987年5月30日

身長 158cm

血液型 A型

出身地 神奈川県川崎市

学歴 鴎友学園女子高等学校卒 東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)卒

家族構成 、桑子真帆アナウンサーの4人家族

神奈川県川崎市といえば、富士通の本店や味の素食品の本社、サッカークラブの川崎フロンターレなどが有名ですよね。

そこで生まれた桑子真帆アナウンサーは、いったいどういう学歴を経てアナウンサーになったのか詳しく調べてみました。

桑子真帆アナウンサーの学歴は?小中学校・高校・大学はどこ?

桑子真帆アナウンサーの学歴(小学校)

桑子真帆アナウンサーの小学校についての情報だけは、残念なことに見つけることができなかったです。

たぶん、何事もなければ出身地の神奈川県川崎市の実家の近くの小学校を卒業したのではないかと思います。

以前、桑子真帆アナウンサーは、

「そもそもNHKに入ったのも、小学生のとき、『クローズアップ現代』の国谷裕子キャスターに憧れて、人やテーマときちんと向き合う国谷さんのような女性になりたいと思ったからなんです」

このようなことを言っていたので、この小学校時代が今の桑子真帆アナウンサーの原点なのかもしれませんね。

桑子真帆アナウンサーの学歴(中学校)

桑子真帆アナウンサーの中学校は、鴎友学園(おうゆうがくえん)女子中学校でした。

鴎友学園女子中学校は東京都世田谷区宮坂にある中高一貫教育を提供する私立女子中学校です。

なんと高校からの生徒をいっさい募集しない完全中高一貫校らしいのです。

中高一貫校は、けっこう聞きますが、高校からの募集をしないというのはあまり聞いたことがないです。

さらに、中学校1年生時の理科の授業は生物だけ。園芸の授業があるなど、ちょっと変わった面白い学校ですよね。

鴎友学園女子中学校は偏差値が60前後みたいなんですが、桑子真帆アナウンサーは中学受験で入学しているので、小学校のころから頭が良かったのかもしれませんね

部活動はブラスバンド部に入部して、熱心に練習をしていたそうです。

勉強だけでなく部活動にも一生懸命取り組んでいたみたいですね。

桑子真帆アナウンサーの学歴(高校)

桑子真帆アナウンサーは鴎友学園女子中学校を卒業、その後に内部進学をして鴎友学園女子高等学校に入学しています。

鴎友学園女子高等学校出身の有名人は、桑子真帆アナウンサーの他に、

  • 久保田直子(アナウンサー)
  • 高橋亜衣(元ミュージカル俳優・現、気象予報士)

などなど他にも多くの有名人がいます。

高校でもそのままブラスバンド部に入っていたみたいです。

同じ部活動を長く続ける粘り強さがアナウンサーとしての仕事にも活かされていますね。

桑子真帆アナウンサーの学歴(大学)

桑子真帆アナウンサーは鴎友学園女子中学校を卒業、その後に東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)に入学しています。

東京外国語大学出身の有名人は、桑子真帆アナウンサーの他に、

  • 合原明子(アナウンサー)
  • 鈴木亮平(俳優)
  • 中村優子(女優)

などなど他にも多くの有名人がいます。

桑子真帆アナウンサーは大学入学当初、体育会系から文化系まで、多くのサークルの新歓コンパに積極的に参加することで、どのサークルに参加するかを見極めていたそうです

その結果、入った研究会が通称「ブラ研」と呼ばれる「ブラジル研究会」です。

元気で明るく楽しむをモットーとした、大人数でリズムを合わせて動く、規模の大きいブラジル音楽のサークルです。

桑子真帆アナウンサーは中・高とブラスバンド部に所属していたため、同じ音楽を扱うサークルを選んだのかもしれませんね。

そして、東京外国語大学を卒業後2010年にNHKに入局しています。

桑子真帆アナウンサーはもともと、マスコミ以外をメインで就活していたそうですが、前述した小学校の時の憧れからNHKだけマスコミ系を挑戦したところ合格したみたいです。

スポンサーリンク

桑子真帆アナウンサー大学卒業後のNHKでの歴史

  • 2010年 NHKに入局して長野局に配属
  • 2013年 広島局に配属
  • 2015年 東京アナウンス室に所属

ここから主に東京アナウンス室に所属してからの桑子真帆アナウンサーの歴史をまとめてみました。

  • 2015年の桑子真帆アナウンサー
    • 2015年3月30日 NHKニュース7起用
    • 2015年4月11日 ブラタモリ起用
  • 2016年の桑子真帆アナウンサー
    • 2016年3月25日 NHKニュース7卒業
    • 2016年4月2日 ブラタモリ卒業
    • 2016年4月4日 ニュースチェック11起用
  • 2017年の桑子真帆アナウンサー
  • 2018年の桑子真帆アナウンサー
    • 2018年2月9日 平昌オリンピック開会式実況
      「開会式」を「閉会式」と言い間違えたり「朝鮮半島」を「北朝鮮」と言い間違えるという事件が起こった。
    • 2018年6月3日 谷岡慎一さん離婚
    • 2018年12月31日 第69回NHK紅白歌合戦総合司会起用
      優勝したのは「白組」なのに、「白組」と「紅組」を言い間違え、「優勝したのは『紅組』です!」と言ってしまう
  • 2019年の桑子真帆アナウンサー
  • 2020年の桑子真帆アナウンサー

こうして見てみると、桑子真帆アナウンサーは言い間違いが多く見えますが、失敗してはいけないところで言い間違えるせいかもしれませんね。

桑子真帆アナウンサーのそういうところがかわいいと思うのですが、視聴者としては、報道を務める以上しっかりとやってほしいという声も多かったです。

桑子真帆アナウンサーは現在、「おはよう日本」でキャスターを務めています

これからも言い間違いがあるかもしれませんが、優しく見守っていきたいと思っています。

これからの桑子真帆アナウンサーに期待です!

スポンサーリンク

-NEWS
-, ,

Copyright© 華夢華夢(カムカム)情報館 , 2020 All Rights Reserved.