NEWS

iOS13.5.1リリース!脱獄(jailbreak)対策!?unc0verは使える?

こんにちは。

AndroidスマホとiPhoneとガラケーの3台持ちをしていたことがある筆者です。

今思うと完全にどうかしていたと思うのですが、当時は色々なものを弄ってみたかったんですよね。

ということで今回は、iOS13.5.1について調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

iOS13.5.1がリリース!脱獄対策!?

AppleがiOS13.5.1を「重要なセキュリティアップデート」とともにリリースしました。

  • カーネル
  • 対象:iPhone 6s以降、iPad Air 2以降、iPad mini 4以降、iPod touch第7世代
  • 影響:アプリケーションがカーネル特権で任意のコードを実行できる可能性がある
  • 説明:メモリ処理の改善により、メモリ消費の問題が解決されました。

以前のiOS13.5で見つかったゼロディ脆弱性に対するセキュリティアップデートが主になっています。

iOS13.5.1で脱獄(jailbreak)は可能?unc0verは使える?

iOS13.5の脆弱性を使い脱獄をするツールunc0verはiOS13.5.1で使えるのでしょうか。気になって調べてみたところunc0verでの脱獄は不可能になったようです。脱獄を望むユーザーはiOS13.5.1にアップデートするのは注意しましょう。

脱獄対策のためのアップデートの様なものですから、さすがにアップデートしたらunc0verでの脱獄はできなくなるみたいですね。

スポンサーリンク

ゼロディ脆弱性とは?

そもそもゼロディ脆弱性とは何のことを言っているか分かりますか?

ゼロディ脆弱性とは、以下のような意味となります。

ゼロデイ脆弱性とは、端的に言えばまだ対策が取られていない脆弱性のことを指します。脆弱性とは、ソフトウェアに存在するセキュリティ上の欠陥のことで、攻撃者は脆弱性を突いた攻撃を行うことで個人情報の窃取やPCの乗っ取りなどを行えるようになります。

脆弱性は発見されるとそのソフトウェアのベンダーが対策を行って修正パッチを配布しますが、それまでの間は対策が何もない状態です。この間の脆弱性をゼロデイ脆弱性と呼び、この間に行われる攻撃をゼロデイ攻撃と呼びます。ゼロデイは、修正パッチが配布される日を1日目(ワンデイ)とした場合に、それより前の0日目(ゼロデイ)に攻撃が行われることからそう呼ばれます。

特定の脆弱性の具体的な名前というわけではなく、対策がおこなれていない脆弱性の総称のことです。

今回の例で言うと、IOS13.5の対策の行われていない脆弱性(ゼロディ脆弱性)を利用して、脱獄できていたのがiOS13.5.1で対策されてできなくなったということになります。

ちなみに脱獄って何?って方は、セキュリティ対策としてiOS13.5.1へはなるべく早くアップデートすることを推奨します。

スマホには、個人情報がたくさん入っていると思われるので、自分や周りの方のためにもセキュリティ関連には気を付けるようにしていただきたいです。

iOS13.5.1リリース!脱獄(jailbreak)対策!?unc0verは使える?まとめ

ポイント

  • AppleよりiOS13.5.1がリリースされた
  • 主な変更点は、iOS13.5のゼロディ脆弱性への対策
  • iOS13.5.1にアップデートするとunc0verによる脱獄は不可能になる

以上、iOS13.5.1リリース!脱獄(jailbreak)対策!?unc0verは使える?についてまとめました。

アップデートってついつい放置してしまいがちになりますが、アップデートによる不具合の報告等がなければなるべく早くアップデートをすることを意識しましょう。何かあってからでは遅いですからね。

スポンサーリンク

-NEWS
-, , ,

Copyright© 華夢華夢(カムカム)情報館 , 2020 All Rights Reserved.