スマホ ドコモ(docomo)

ドコモオンラインショップの発送が遅い。分割審査突破のステータスは何?

みなさんはスマートフォンのご購入はいつもどこでされますか?

キャリアショップや家電量販店などが多いかとは思いますが、昨今では「オンラインショップ」を利用されている方も多いのではないのでしょうか?

機種を安く購入でき、手続きに不要なオプションも必要ナシ!と便利なオンラインショップですが、たまに「発送が遅い」という声を聞くことも…

今回はドコモのオンラインショップでの購入を例に発送状況の確認方法と、遅れてしまう主な原因となる「分割審査」について 解説いたします!

ドコモオンラインショップで購入したけど?

配送状況の確認がしたい!

まず初めに、ドコモオンラインショップで端末購入をした際の、「配送状況の確認の仕方」をおさらいしておきましょう。

ドコモオンラインショップサイトへアクセスし、トップページのメニューから「お申込み履歴」をクリックします。

ドコモオンラインショップのお申込み履歴はこちら

お申込み履歴はこちら

次にご購入履歴・配送状況確認ページから、dアカウントを使って購入された方は「ログイン」を、dアカウントをお持ちでない方は購入時に発行された「受付番号」、「連絡先電話番号」、「暗証番号」を入力します。

最後に「配送状況の確認」をクリックすれば、あなたの注文品が今どうなっているかの確認をすることができます。

そしてこの時、画面の「受付状況」を見てみてください。どういった表示になっていますか?この受付状況は進行具合によって、お手続中→②出荷作業待ち→③配送作業中→④配送待ち→⑤発送済みと変化していきます。

申し込みの手続きが完了したばかりではまだ「お手続き中」なのは分かりますよね。しかし、これがなかなか「出荷作業待ち」に変わらない場合があります。

自分のお申込み履歴はこちら

お申込み履歴はこちら

これは機種代金の支払いを「分割購入」で選んだ場合に多く発生します。機種の購入方法だけでなぜ発送に遅れが出るのでしょうか?

その理由…の前に、簡単に分割と一括の違いを次の項目でご説明しておきましょう。

「分割購入」と「一括購入」はどっちが良い?

最近のスマートフォンは年々その価格が上昇する傾向にあります。以前は大体の機種は10万円以上になることはほとんどありませんでしたが、昨今の機種は10万円を超えてくる機種もざらにあります。そんな高価な機種を万人がポンッと一括購入!…とはいきませんよね。

よく「分割と一括どっちがおトクなの?」というご質問を受けますが、はっきり申しますと「今現在はどちらでも損得はありません」というのが回答です。

ドコモでは現在、分割購入時でも「分割手数料」というものを取っていません。なので分割でも一括でも「実質払わなければならない金額は変わらない」のです。

ですが端末の購入と同時に、多くの機種に「月々サポート」という割引が定められており…

・分割購入の場合…(毎月の使用料)+[本体代]-[月々サポート]

・一括購入の場合…(毎月の使用料)-[月々サポート]

という値引きの適用方法の見え方が異なるのです。まとめると「急な10万円~の出費は嫌だ!」という方は分割で、「毎月の負担を安くしたい!」という方は一括で購入するのがベストですね。

分割審査って何?

機種を分割で購入する場合、必ず購入者に「分割審査」が実施されます。

「分割審査」とは、端末本体を「分割」で購入した際にドコモ側が「この人は機種変更をしても、ちゃんと”期日までに”毎月の支払いをしてくれるだろうか?」という事を審査する事です。

例えばドコモショップ店頭で機種変更手続きをされた場合は、この分割審査はドコモショップスタッフの方が、システムにあなたの情報を入力し、分割審査の依頼をかけます。しかしオンラインショップの場合はショップほど瞬時に審査依頼が完結しません。

分割審査に関して、順を追って解説していきます。

「審査」には2種類の審査がある!

一言に「分割審査」と言っても、審査には「2種類の審査」があるのをご存知でしたか?

片方の審査が通っても、もう片方の審査ではアウト…だった場合、もうその時点で分割はアウトです。結構厳しいですよね。

ですが10万円近いモノ…機種によっては10万円以上にもなる高額商品を、代金完済する前に渡してくれて、分割手数料もナシで買わせてくれる…って結構売る側としてはリスクがありますよね?場合によっては機種代金払ってもらえずに解約されてしまった…なんてリスクも販売側にはある訳ですから。

まずは「ドコモによる」審査!

これは分かりやすいかと思いますが、まずは販売側である「ドコモ」からの審査が入ります。ドコモが見る「審査基準」とは、

①毎月の「支払方法」はどういった方法になっているか?

②毎月の「支払い状況」はどうなっているか?

③年収・家族構成etc…

この3点です。1つ1つ見ていきましょう。

①毎月の「支払方法」はどういった方法になっているか?

まず①の毎月の「支払方法」はどういった方法になっているか…ですが、これは毎月の引き落としの方法の事です。引き落とし方法には「口座振替」や「クレジットカード」といった支払方法がありますよね?この「引き落とし」になっていれば、この項目はクリアです。

引き落としになっていない…すなわち「請求書払い」になっている方は分割審査NGということになります。

「え…なんで?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、理由をハッキリ言うと「請求書なら”意図的に”支払期日を延ばせる」からです。

ドコモの場合、月末締めの月末払いが支払いのスケジュールですが、引き落としなら月末に(クレカの場合はクレカ会社が立替)自動的に支払ってもらえますが、請求書の場合は支払の日は利用者が(少なからず)調整できる余地があるのです。

これでは”期日までにお支払いいただく”という約束から逸脱してしまいますよね。

②毎月の「支払い状況」はどうなっているか?

これは毎月の支払いが「毎月期日までに」できているか?ということです。前項目でも触れましたが、ドコモは月末締めの月末払いですので、毎月ちゃんと月末に支払いがなされているかというところを見てきます。

でも1回くらいは「引き落としできなかった…」なんてことありませんか?

過去にあった1度や2度の延滞くらいは全然大目に見てくれます。

ですが…

「直近の延滞」にだけは気を付けてください。昔はよく「直近3カ月」の未納・延滞があるか無いかが分割審査の分かれ目になっていました。もしかしたら今は期間が短くなっていたりするかもしれませんが、少なくとも「支払いが滞った月の翌月、翌々月」では分割審査がNGになる確率が高いと言えましょう。

③年収・家族構成etc…

前述の「支払方法」と「支払い状況」で、ドコモ側の審査はほとんど完了となります。しかし場合によっては年収や家族構成などの情報が必要となる、より「丁寧な審査」が必要な場合もあります。

これは「10万円以上の機種の分割を組む」場合に必要となります。例えば最近の機種で言えば、「iPhone XS MAX 256GB」や「Galaxy note9 SC-01L」などは元値が10万円を超えていますので、この丁寧審査の対象になってしまいます。

丁寧審査では、「年収」・「持ち家の有無」・「借り入れ況」・「家族構成」などなどの情報が必要となります。

この中で重要視されるのはまず「年収」ですね。具体的に「●●百万~ならOK」という情報はやはり分かりませんが、100万円以下では簡単に落とされてしまうと思います。アルバイトの方やパートの方では厳しいかと思います。

ですが…

この年収に関しては「生計を同一とする家族と年収を合算して審査」することができます。

例えばご夫婦で機種変更の場合に奥さんが機種変更する際に丁寧審査が必要になったとします。旦那は会社員で働いているが、奥さんは専業主婦で年収が0円…そんな時でも旦那の収入で審査をかけてもOK!ということですね。

まぁこういった配慮がなされていなければ、今や学生でも持っているスマートフォンは買えなくなっちゃいますもんね。

ここまで①、②、③と「ドコモ側の審査」を見て頂きました。ここまではご自身ですぐに気づける、改善できるところが多い(年収はぶっちゃけ難しいけど…)ですが、次の「ドコモ以外の審査」は簡単には改善できないかもしれません。

「ドコモ以外の審査」ってどんなもの?

ドコモによる審査では今現在の状況、過去数カ月の状況についてドコモが審査をします。ですが分割審査時はドコモ以外の機関にも審査の依頼をかけます。

具体的には「他キャリア」や「金融機関」といった外部審査機関です。

でもそれって機種を購入するのに、ドコモ以外のところに情報を流す…という事では?公式HPにも

「個別信用購入あっせん契約(ドコモの分割払い)」のお申込みをされた場合、割賦販売法の規定により、お客様の個人信用情報を経済産業省の指定する「指定信用情報機関」に登録いたします。登録する情報は、お客様のお名前や住所などの属性情報、当社と締結された「個別信用購入あっせん契約」の内容、ならびにお客様のお支払状況などです。
またお客様がお支払を遅延した場合は、その事実も登録いたします。ご契約者が未成年で支払名義人の親権者がお支払いを遅延された場合も、未成年のご契約者の支払遅延情報となりますのでご注意ください。
なお登録されたお客様の個人情報は、指定信用情報機関の他の会員により利用され、お支払いを遅延した情報がある場合は、クレジットやローンの申込等が断られる場合があります。

とこのように記載されています。分割審査時はこの「指定信用情報機関に登録することの同意」が必要になります。

ですが分割審査時はこの同意が必要不可欠となります。まぁ正規の機関なので心配ご無用!という反面、過去の不都合な事も全て分かってしまう、ということなのです…

他キャリアへ審査依頼をかけるの?

携帯キャリアはそれぞれ個別に営業してはいますが、前述の指定信用情報機関を通じて情報を共有しています。

例えばあなたが過去にソフトバンクを契約していて、その途中でドコモへお乗り換えをしたとします。しかしソフトバンクの最終引き落とし分が、口座残高不足により引き落としされずにそのまま2年経ってしまった…とします。

そうなると「この人は他社に支払っていない金額があります」という情報が残ってしまうのです。こういった情報はドコモでは知る由もありませんので、指定信用情報機関を使って確認するわけですね。

もし過去に未納金があったりした場合でも、「どこのキャリア」に未納金があるかまでは教えてもらえるので、そのキャリアに出向いて支払いをすればまだ可能性はありますので諦めてはいけません。

金融機関へ審査依頼をかけるの?

ここに関しては正直なところ確かな情報が得られていないのですが、現時点で分かっていることをお伝えします。

まず消費者金融などで未納が無いか?借金の保証人になっていないか?といったところが見られているようです。

また、クレジットカード会社への未納なども指定信用情報機関から審査が入ります。

こういった金融機関にお世話になってたり、クレジットカードの支払いもよく滞ってしまっている…といった方はこの「ドコモ以外の審査」によって分割がNGになってしまう確率が高くなってしまいます。

こちらがNGの方では、いくらドコモ上の支払い状況…いわゆる「ステータス」が良くても、しばらくドコモ分割で機種を購入することはできない…というワケですね。

そんな時は一括でも安く買える機種をお勧めします。

こちらよりドコモの人気機種の価格を確認

ドコモの人気機種の価格を確認

最後に…

いかがでしたでしょうか?今回はドコモオンラインショップで機種購入した際に「発送が遅い」原因となる「分割審査」についてのお話でした。

途中に記述した通り端末の代金は少しずつ上昇しつづけていますので、それに伴って一括で機種を買うのが難しくもなってきています。実際2018年に発売したiPhone XSやXS MAXを購入されようとした方で、分割の審査が組めなかった…という方は山のようにいらっしゃいます。

また、現在では「月々サポート」によって毎月の負担が少なく見える端末代金ですが、今年ドコモで発表されるといわれている、使用料と端末代の「分離プラン」によって、月々サポートが廃止になるのでは?という見方もあります。

月々サポートが無くなれば、「別に一括で購入しても毎月の負担は安くならない」という事になります。そうなれば分割で機種購入する方も増えてくると思います。

そんな時に、今回ご紹介した「分割審査突破のステータス」をぜひ参考にしてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-スマホ, ドコモ(docomo)
-, , ,

Copyright© 華夢華夢(カムカム)情報館 , 2020 All Rights Reserved.