NEWS

アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!?宇宙人は存在するのか?まとめ

こんにちは。

この世界の全てが知りたい筆者です。

この世界には、私が見たことないもの知らないことがたくさんあります。

UFOや宇宙人なんかもその一つですね。

しかし、それらのものを知ることなくこの世界から消えてしまうというのは悲しくもあります。

そういった世界の謎を知ることは無理かもしれません。

ただ、せめてお金があれば見れるもの知れることだけは、経験したいと思っています。

そのためにもお金の問題をどうにかしたいですね。

ということで今回は、アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めたというニュースについてまとめてみました。

スポンサーリンク

アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!?

【ワシントン時事】米国防総省は27日、海軍機パイロットが不審な飛行物体を撮影した映像3本を公開した。

過去にメディアに流出し、未確認飛行物体(UFO)の可能性があると波紋を広げていた映像だが、同省が公式に開示したのは初めて。

3本のうち1本は2004年11月、残る2本は15年1月に撮影された。

いずれも白黒の映像で、30~75秒ほどの長さ。物体が海上を高速で飛んだり、空中で回転したりする様子が撮影されている。

国防総省は声明で「過去に流出した映像の真偽や、映像に続きがあるのかなどの臆測を取り除くために公開に踏み切った」と説明。

問題の物体については「依然として正体不明のままだ」と結論付けた。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、国防総省は07~12年、「先進航空宇宙脅威識別計画」と名付けた事業で、UFOと疑われる映像などを分析していた。

こんなニュースが飛び込んできました。

以前にもUFOの映像として流出していたものですが、今回アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認め公開しました。

これは、夢がひろがりますね。

映像は3本公開されたそうなので、youtubeで探してきました。

こちらは日本で報道されたニュースの映像です。

2番目の動画と同じですが、日本語字幕がついています。

何?ドローンだ!

何機もあるぞ。状況を見てくれ。

なんてことだ!

風に逆らっている。風は西に120ノット。

あれを見てくれ。

こう言っています。

アメリカ(米国)の調査でも正体不明のままというのは、本当にUFOが存在するのではないかという希望が持てますね。

スポンサーリンク

先進航空宇宙脅威識別計画とは?

アメリカ政府が秘密裏に数百万ドルを地球外生命体の可能性についての調査に費やしていたと言われていましたが、それを先進航空宇宙脅威識別計画に使っていたのではないかと言われています。

先進航空宇宙脅威識別計画は2007年に開始され、2012年に資金供給が中止されたと言われていました。

今回のニュースから、2020年の現在も調査は続けられていたのではないかと思います。

UFOとは?

そもそもUFOという言葉をよく使いますが、どういった意味なのでしょうか?

気になったので調べてみました。

UFOとは、「unidentified flying object」の頭文字をとった言葉であり、未確認飛行物体のことです。

その正体は航空機など既知の人工物体、遠方のサーチライトや自然物(天体・雲・鳥など)の誤認も含まれるそうです。

しかし、略称のUFOは「エイリアンクラフト」(宇宙人などの乗り物)という意味で使われることが多いということみたいです。

たしかに、UFOというと宇宙人とセットなイメージですが、本来の意味ですと正体の分からない飛行機などもUFOに含まれるみたいですね。

宇宙人は存在するのか?

ここで気になるのが、宇宙人の存在についてです。

宇宙人は存在するのでしょうか。

私個人的には、存在すると思っています。

なぜなら地球に生物が存在しているからです。

生物の存在できる地球があるならこの広い世界のどこかに同じような惑星もしくは、全く別の惑星だがそこに適応した生物がいてもおかしくないと思っています。

できれば生きている間に知りたいものです。

以前、好奇心から陰謀論について調べてみたことがあるのですが、アメリカ(米国)はすでに宇宙人と交流していて、その技術を研究しているというものを見かけたことがあります。

本当だったら面白いんですけどね。

事実を知ることができればいいんですけど、あくまで陰謀論ですからね。

記憶が定かではないんですけど、「Qアノン」とかいう感じの陰謀論だった気がします。

気になった方は調べてみてください。

情報が膨大すぎるのでまとめるのが大変そうなのです。

もし、余裕があったら私の方でもまとめてみたいと思います。

アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!?宇宙人は存在するのか?まとめ

ポイント

  • アメリカ(米国)が正式に、UFOの映像を3本公開しました。
  • その存在については、現在でも正体不明のまま
  • 宇宙人は個人的には存在していると思う
  • アメリカ(米国)が宇宙人とすでに交流しているという陰謀論もある

以上、アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!?宇宙人は存在するのか?についてまとめました。

こういった、世界の謎とか陰謀論とか事実かどうかは別としてすごく好奇心を刺激されます。

願わくば、生きている間に全てが明らかになって欲しいです。

スポンサーリンク

-NEWS
-, , ,

Copyright© 華夢華夢(カムカム)情報館 , 2020 All Rights Reserved.